明石からどこまでday

兵庫県明石市から、神戸中心になってしまった、ラーメン、立飲み、グルメ、趣味・・・日常の出来事等、いろいろととりまぜて、その時の気持ちで、 楽しめたらいいかな?

2016年1月17日   阪神・淡路大震災(兵庫県南部地震)から21年

平成7年1月17日に起きた阪神・淡路大震災(兵庫県南部地震)では、神戸市を中心に最大で震度7の激しい揺れに襲われ、6434人が死亡、25万棟の住宅が全半壊しました。




1月16日
私は、神戸三宮のある店にいました。
その店から、奇妙な夕焼けをみました。
なんと表現していいのかわからない、とても不思議な夕焼けです。
真っ黒い雲が、夕焼けの光を包み込み、半分が、夕方で、半分が闇の世界みたいな・・・・
あの夕焼けは一生忘れません。
本当にとても、奇妙で有り不思議な夕焼けでした。





そして、1月17日5時46分52秒に、真下から突き上げるように大震災が襲いかかってきたのです。







見上げてごらん 夜の星を
小さな星の 小さな光りが
ささやかな幸せを うたってる

見上げてごらん 夜の星を
ぼくらのように 名もない星が
ささやかな幸せを 祈ってる

手をつなごう ぼくと
追いかけよう 夢を
二人なら 苦しくなんかないさ

見上げてごらん 夜の星を
小さな星の 小さな光りが
ささやかな幸せを うたってる

見上げてごらん 夜の星を
ぼくらのように 名もない星が
ささやかな幸せを 祈ってる






念の為に、防災グッズの点検と、もしもの場合を考えて、
家族全員が集合場所をあらかじめ決めておく必要があります。

防災グッズではありませんが、キャンプ道具も十分に活用できますので。
いざを想定しなければなりません。





小学校では、学童引き渡し訓練も行われます。
私も、訓練に参加してまいります。

スポンサーサイト

今日は、1月17日・・・・

今日は、1月17日・・・・

19年前に、阪神大震災がありました。

いまだに、震災と向き合うことが出来ない方も多くおられます。

この震災で、人生が左右された方も多くいます。

自然災害は、恐ろしいです。

そして、月日を隔てて、東北に想像を超えた震災が起きました・・・

この未曾有の大震災を忘れることなく、今後も語りついでいかないといけません。

私は、自分のブログで年に2回ぐらいですが、1月17日と3月11日をこれからも語ります。

風化させないためにも・・・


震災後、キッスFMでリクエスト1位になったこの曲を・・・

坂本九さんの・・・・この曲を・・・



見上げてごらん 夜の星を
小さな星の 小さな光りが
ささやかな幸せを うたってる

見上げてごらん 夜の星を
ぼくらのように 名もない星が
ささやかな幸せを 祈ってる

手をつなごう ぼくと
追いかけよう 夢を
二人なら 苦しくなんかないさ

見上げてごらん 夜の星を
小さな星の 小さな光りが
ささやかな幸せを うたってる

見上げてごらん 夜の星を
ぼくらのように 名もない星が
ささやかな幸せを 祈ってる




多くの人が、寒い空を見ながら、この曲を聴いていました・・・

私も聞きました・・・

その当時は、なぜ、この曲がリクエスト第1位になっていたのかわかりませんでした・・

でも、星を眺めても・・・小さな幸せさえ、奪われていたのに・・・



でも、私は生きている・・・

WE・LOVE・KOBE。

1月17日に・・・

また、1月17日がきます。

一生忘れられない、あの日が・・・

なぜ、あの日があったのか・・・

なければ、違う生き方を選択できた人も・・

自然災害は、想像できない試練を与えてくれます。

でも、それは、悲しい選択肢なのかもしれません。

あれから・・・19年・・・・

でも、また、来るのです。

1月17日は・・・・

忘れられない、阪神大震災・・・

あの時・・・私は20代後半で、独身でした。

今は、結婚して、愛しい妻と、Jr1号・2号がいます。

もし、また、あのような震災があれば、私は自分の命をかけて家族を守ろうと思います。

それが、あの瞬間を生きた自分に出来ることかも知れません。







坂本九さんの・・・・この曲を・・・

見上げてごらん 夜の星を
小さな星の 小さな光りが
ささやかな幸せを うたってる

見上げてごらん 夜の星を
ぼくらのように 名もない星が
ささやかな幸せを 祈ってる

手をつなごう ぼくと
追いかけよう 夢を
二人なら 苦しくなんかないさ

見上げてごらん 夜の星を
小さな星の 小さな光りが
ささやかな幸せを うたってる

見上げてごらん 夜の星を
ぼくらのように 名もない星が
ささやかな幸せを 祈ってる





3月11日・・・・実は

東日本大震災の被害にあわれました皆様へ
「東日本大震災」におきまして、被害にあわれた皆様に
心よりお見舞い申し上げるとともに、
犠牲になられた方々とご遺族の皆様に対し、深くお悔やみを申し上げます。
被災地におかれましては、一日も早く普段の生活に戻れますよう、
皆様のご無事を心よりお祈り申し上げます。


3月11日・・・実は、
私の誕生日なのです。
今日で、4×歳になりました。
ちなみに、40後半ですが・・・

東日本大震災で被災された方の事を考えると
素直に喜べない気持ちもあります。
私も阪神大震災の被災経験者ですので。
ちなみに、愛しい妻から、誕生日プレゼントで、
ハイボール用に、角瓶をもらいました。
ありがたいですね(^^)。


1月の寒い夜空を見ながら、
KISS・FMから流れてきた、
この曲を・・・

坂本九さんの・・・・


見上げてごらん 夜の星を
小さな星の 小さな光りが
ささやかな幸せを うたってる

見上げてごらん 夜の星を
ぼくらのように 名もない星が
ささやかな幸せを 祈ってる

手をつなごう ぼくと
追いかけよう 夢を
二人なら 苦しくなんかないさ

見上げてごらん 夜の星を
小さな星の 小さな光りが
ささやかな幸せを うたってる

見上げてごらん 夜の星を
ぼくらのように 名もない星が
ささやかな幸せを 祈ってる



阪神大震災の後・・・
神戸ではなかなか食べれなくなった・・
下町の味・・
貝のつぼ焼き・・
この、ニシ貝の殻に入れられて出たいました・・・

exe kaki 49

震災を境に、手軽に味合えた味が失われるのも寂しいものです。
愛しい妻とは、震災後に出会いました。
そして、二人で復興のシンボルのルミナリエを歩きました・・
このときには、神戸三宮でもつぼ焼きを食べることが出来ました。
今は、神戸市内でも、数店舗だけになりました・・

震災前には、神戸三宮でも、屋台のラーメン屋がありました。
多くのお客さんで賑わっていました。
もう、見ることが出来ない風景です。
もう、私の中では食べることの出来ない味になりました。
寂しいことです。
そんな、さりげない味を・・・
守りたいですね。

でも、私達は生きています。
このニシ貝も、3月10日に購入しました・・
なぜか、ニシ貝を購入したのも、こんな気持ちがあるからなのかも・・
それとも・・・・・
思い出の味に触れたかったのか・・・

駄文にお付き合いいただき、ありがとうございました。

1月17日・・・阪神大震災、あれから18年・・・

あれから、18年です。
あの日の出来事は、一生忘れられないでしょう。
でも、まだ、震災の問題は解決していません・・・

そして、2年前の3月11日に、東北に巨大地震が・・

復興に力を入れて下さい。
なにも、選挙に勝つために、政治ゲームをしているのですか?

本当の政治家は、与えられた力で、国民の為に、何が出来るかを考え実行します。
ダメな政治家は、与えられた力をいかに自分の為に守ろうかと考えます。
日本の場合、私の感想は、後者としか思えません。


阪神大震災の時に、キッスFM神戸でリクエスト1位になった曲です。
みんな、この曲をリクエストした気持ちがわかります。

坂本九さんの・・・・この曲を・・・

見上げてごらん 夜の星を
小さな星の 小さな光りが
ささやかな幸せを うたってる

見上げてごらん 夜の星を
ぼくらのように 名もない星が
ささやかな幸せを 祈ってる

手をつなごう ぼくと
追いかけよう 夢を
二人なら 苦しくなんかないさ

見上げてごらん 夜の星を
小さな星の 小さな光りが
ささやかな幸せを うたってる

見上げてごらん 夜の星を
ぼくらのように 名もない星が
ささやかな幸せを 祈ってる


念の為に、防災グッズの点検と、もしもの場合を考えて、
家族全員が集合場所をあらかじめ決めておく必要があります。

防災グッズではありませんが、キャンプ道具も十分に活用できますので。
いざを想定しなければなりません。