明石からどこまでday

兵庫県明石市から、神戸中心になってしまった、ラーメン、立飲み、グルメ、趣味・・・日常の出来事等、いろいろととりまぜて、その時の気持ちで、 楽しめたらいいかな?

北陸・飛騨3つ星街道リゾート旅行 その10 最終回です。 

陣屋朝市にお邪魔してきました。


個人的には、宮川朝市が好きなんで、見学程度としまして。


あまり風情を感じないのもあるのかな・・・


川沿いにある朝市と比較すれば、ロケーション的にも、陣屋朝市は物足りなさがありますかと・・・・


あくまでも、個人的な見解です。




ta








ta






陣屋朝市の名称となっている、高山陣屋の見学がメインです。






ta






高山陣屋は、高山城主金森家の下屋敷(向屋敷)として使われていましたが、直轄領となってからは陣屋として代官や郡代がここで飛騨の政治を行いました。
以来、慶応四年(1868)に至るまで176年間、江戸幕府は25代の代官、郡代を派遣して飛騨の国を支配してきました。
明治維新以後、高山陣屋の建物は高山県庁舎等として使用されました。
〈引用しております)


行政、財政、警察の機関が集約していたのですよ~





ta




この雰囲気、お白洲じゃないですか。





ta





遠山金四郎や大岡越前の雰囲気満載ですね。W(`0`)W






ta








ta





少しリアリティに欠ける台所・・・・






ta




そして、よくわからない雛壇が・・・・


高山に来ると、どこかで必ず雛壇を見ます。


まだ、3月だからなのか・・・・





ta








ta










ta





土間、土間って寒いんですよね。







ea



茶室。





ta





厠の手洗い場。


さすがに、厠の撮影は止めておきました。





ta




現代風に言うならば、取り調べ室かな。


ここもお白洲になるのかな・・・・


壁面には、江戸時代の拷問の方法も書かれておりました。






ta





囚人駕籠





ta






歴史の勉強もしましたので、それでは、食べ歩きタイム~








雪吊りです。


実際に、雪が吊られた状態を見てみたい物です。





ta






古い町並みに戻り、お土産を物色したり、食べ歩きのメニューを見てみたり。







ta









ta








ta




やはり、食べ歩きで外せません。


飛騨牛にぎり寿司





ta




以前も食べたこちらのお店で購入します。


開店の5分前に到着して、一番乗りです。





ta









ta





うま~^^)♪






ta






さすがに、飛騨牛にぎり寿司を食べた後には、手焼きせんべいには、食指は動かず。







ta






観光地定番となりつつある人力車。






ta










ta





これも食べなければ後悔するぞo(≧ω≦)o






ta






うま~^^)♪







ta




飛騨牛を食べて満足です。


高山の食べ歩きは満足感がありますね~。


楽しい時間は、過ぎるが早いですね。




そう帰宅の時間になりました。









高山を出発して、一路自宅に向かいます。





ここのPAには、寄っておきました。


なぜならば・・・・





ta






松ノ木峠PAは、




日本でいちばん空に近いPA(標高日本一)なんですよね~





でも、観光施設があるわけで無く、トイレだけのPAでした。







ta





ひるがの高原SAで、高山土産の最終チェックと、ランチを頂きました。



ランチに関しては、後日、どこかでご紹介させていただきます。



このSAでは、名宝ハムも販売しておりますので、購入です。






ta




ひるがの高原SAで見るこのロケーションが好きなんですよ(^^)。



多分、大日ヶ岳だと思うのですけど・・・・



ちなみに、ひるがの高原SAは、日本一標高の高い場所にあるサービスエリアなので、日本一標高の高いSAとPAを制覇しました。






ta




それでは、自宅まで安全運転で帰りましょう。


充分に休憩を取りながら走るので、のんびりと帰宅しますね。


北陸・飛騨3つ星街道、楽しい街道ですね。


富山県の扱いが・・・・・許して下さい。


今回の走行距離は、1090㎞程でした。


長い間お付合いいただき感謝です。


また、行きたい北陸・飛騨3つ星街道でした。







スポンサーサイト

北陸・飛騨3つ星街道リゾート旅行 その9 朝食を食べたら、観光に・・・

どうやら、夜の冷たい雨は、雪に変わったようです。



朝目覚めると、少しですが、雪が積もりましたね。



こんな朝を迎えると、テンションが高くなるな~





ta













ta






朝食は、和食と洋食のバイキングから選べたので、洋食バイキングにしました。



でもね、和食メニューも置いていたので、完全な洋食バイキングではありませんでした。



夕食をたくさん食べたのもあり、あんまりお腹が空きませんでしたので軽く・・・





ta





このヨーグルト美味い。


飛騨牛乳使用のヨーグルトです。






ta




朝食を終えて、身支度を終え。



チェックアウト。



そして、受付にチェックアウトしましたが、観光に行くので、車を停めておいて良いですかと尋ねると。




「どうぞ、どうぞ、駐車したままで、お好きな時間どうぞ」と、太っ腹だな(*≧∪≦)



24時間駐車場無料サービスは、チェックイン前とチェックアウト後も適用ですね。


ありがたいサービスです。


ひだホテルプラザさんですが、スタッフの対応も良く、また、高山で宿泊するときは。


宿泊先候補にさせていただきます。


良いホテルでした。(o‘∀‘o)*:◦♪






ホテルから、宮川朝市まで、徒歩8分です。






ta








ta





高山には、朝市が、宮川と陣屋の2カ所があるのですが、私的には、宮川朝市が好きかな。





ta








ta








ta









ta








ta








ta








ta











ta






食べ歩きで食べなければ~






ta








ta





さるぼぼ

さるぼぼは、飛騨高山など岐阜県飛騨地方で昔から作られる人形。飛騨弁では、赤ちゃんのことを「ぼぼ」と言い、「さるぼぼ」は「猿の赤ん坊」とい使われている。近年では、土産として飛騨地方の観光地で多く見られる(引用ぢております)。






ta




宮川朝市を散策したら。





ta






高山のセブン・イレブンは、上手く溶け込んでおりますね(^^)







ta





古い町並みを通り抜けて・・・


まだ、時間が早いので、人影もまばらです。






ta







ta








ta





前回にお邪魔したときには、こちらで、近大フグの握りを食べました。






ta



そして、たどり着いた場所は・・・・






ta



陣屋前です。






ta




陣屋朝市と・・・・







北陸・飛騨3つ星街道リゾート旅行 その8  ひだホテルプラザ。

本日の宿泊は、こちらになります。



ひだホテルプラザ。




しかし、ネーミング的には、 「ひだプラザホテル」 が良いような気がします。




チェックインの予定時間より早かったのですが、フロントで相談するとお部屋の用意が出来ていますのでどうぞと。



有り難いですね~\(^o^)/




ta






ひだホテルプラザ
住所:〒506-0009 
岐阜県高山市花岡町2丁目60番地
TEL:0577-33-4600 FAX:0577-33-4602

JR高山駅から5分のアクセス
駐車場24時間無料







ta






総部屋数225室
収容人数777名



でっかいホテルです。






ta






だってね、ロビーには、からくり屋台が設置されておりました。


これで、ホテルのロビーの広さがわかるはず。







ta





ホテル内の売店・・・






ta






鯉が悠々と泳いでおりました。






ta




部屋から外を見れば・・・


ロケーションはイマイチ。


だって場所的には、高山市役所の近所なので・・・





ta




そして、部屋です。

全て畳敷きなんですけど。






ta





ベッドもあります。






ta





部屋のお風呂。


予想以上の大きさのお風呂でした。





ta




温泉に行きます。


屋上にはジャグジー風呂も完備!


当然、露天風呂も完備です。


しかし、寒くて、露天風呂に入っても暖まらず、内湯に移動しました。





そして、のんべんだらりと夕食まで過ごします。

















部屋食を食べたのは、いつだったかな・・・・



多分、Jr1号が、保育園に入る前かな。




しかし、部屋食ではありませんので、レストランに向かいます。



夕食には、飛騨牛つき和食会席をお願いしました。






ta






地産地消を織り交ぜた献立。






ta





グラス生ビールでG G B ~





さすが、ホテルのレストランで飲むと高い。


グラスビアなのに、普通の居酒屋の生中よりも高いのだ・・・





ta





前菜、飛騨の祭事料理、三点盛


左側の牛のしぐれ煮、めちゃ美味かったです。





ta






お刺身は、マグロでなく、カジキです。


赤エビも・・・


カジキの刺身を食べるのも久しぶりです。


それも、まさか、高山で食べるとは思わなかった。








ta





飛騨牛の朴葉味噌焼。






ta





うま~^^)♪♪




味噌が少なく、飛騨牛の味を満喫しました。


味噌が多いと、味噌の味が勝ってしまい、飛騨牛の味がわからなくなりますので。






ta






サーモン塩麹着焼






ta






飛騨高山伝承料理 生盛膾


さすがに、この料理は、Jr1号、2号共に、一言も発せず食べておりました。


江戸時代より飛騨地方で根付く宗和流懐石料理の中の一つなので、大人の味でしょうか。


正直申しまして、大人である、私もわからない味でした・・・・







ta






飛騨旨豚南蛮蒸し


豚肉メチャ美味い~







ta






小河豚唐揚げとアスパラですね。






ta






酢の物で、塩烏賊 胡瓜。







ta






御飯と赤出汁、飛騨の赤蕪漬。


御飯は、岐阜県産こしひかりです。






ta




お米が美味い~(^^)









水物。

苺とババロアです。





ta





お腹一杯で大満足です。


どれもこれも美味しかったです。


量も多くて、お値打ちですね~☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆








そして、夕食を終えて、一服してから夜の高山散策に。


でもね、雨が強くなってきて、それも、冷たい雨なのだ。


せっかく旅行に来ているのだから、夜も楽しまなければ。





ta





でこなる横丁にお邪魔して。


あるブログで、ご紹介されていたので、興味ありまくり~でした。






ta




Jr1号の希望で、射的。





ta





温泉街の雰囲気満載なのだ~


でも、高山は、温泉街ではありませんでしたね。



冷たい雨に濡れて、体が冷え冷えなので、温泉に入って暖まりました。


そして、部屋に戻り、ビール、ハイボールを楽しみながら、夜は更けていく・・・・





14911203240.jpeg









北陸・飛騨3つ星街道リゾート旅行 その7 世界遺産白川郷

富山県を通過して着きました場所はこちらになります。



この場所には、前から1度は来てみたかったので、ようやく念願が叶いました(o‘∀‘o)*:◦♪
























ひだ 白川郷




si






村営駐車場から、この吊り橋を渡り進んで行きます。



この橋を渡ったことがある方ならば、わかるはず・・・・



結構、スリルが味わえる橋です・・・・(。>(ェ)<。)エエェェェ






si






まだまだ雪がありますね。



金沢、片山津では、雪なんて、全然でしたのに、違いますね。






si







si








si








si








si








si








si








si









si









si









si









si





雪吊がありますね。


さすが、雪国です。






si





こんなに大きいカマクラは、初めて見ました。


中に入りましたが、寒かったです。






si





水路なんですけど。


水が綺麗で、普通に、ニジマスが泳いでいたので、驚きました。






si









si







si





こちらの長瀬家さんで、合掌造り家屋の内部見学をさせて頂きました。






si








si





囲炉裏が渋い!






si





家屋内部も広い。


想像していたのと違って広くて大きいです。






si









si







実に満足しました。



もっと早く訪問していればと後悔したぐらいです。









si





さすがに世界遺産ですね。



素晴らしかった。



もう少し雪化粧が楽しめる時期に訪問したくなりました。



出来れば、2月下旬から3月上旬に来てみたいなo(≧ω≦)o



それでは、本日の宿泊地に向かいましょう。



さて、ランチはどうしようかな・・・・






北陸・飛騨3つ星街道リゾート旅行 その6  富山県を駆け抜けて・・・

湯快リゾートを後にして。


本日の観光地と宿泊地を目指します。


で、北陸・飛騨3つ星街道リゾート旅行なんですが・・・・



富山県の扱いが扱いが・・・・



富山県民の皆様申し訳ありません○| ̄|_





to






この小矢部川SAが富山県での滞在時間が一番長かった場所です。







to






氷見うどんも食べておくべきだったか・・・


意外と高いですね。


乾麺2人前なのに・・・・





☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆








まつやとり野菜煮込みうどん・・・・・この商品は、明石市内でも購入出来ます。


なので、とりや関係は、購入しないのであった。


メジャーになっちゃいましたね。



to






そして、東海北陸道を南下していきます。






to




これから雪山を目指すぞ!



これで、テンションが高くなっております。



思わず、スタッドレスに履き替えて来たのだから、



そこに雪があるから、雪を目指すのじゃ~






to





そして、富山県内を駆け抜けるのだ~





to





城端SAから山が綺麗だったので、撮影しました。


ここも富山県です。





oo





雪化粧の山は綺麗ですね。






oo





撮影を終えて、目的地に向かいます。



そう、ここから27㎞程で、富山県外です。






oo



まあ、なんと言いますか、2カ所のSAに立ち寄っただけ・・・



城端SAでは、撮影のみ・・・・



本当に、富山県は、駆け抜けただけですか・・・(*゚Q゚*)



でもね、富山に来ているのだから、忘れておりませんよ~



ブラック。(=∀=)



























そして、あっさりと富山県を駆け抜けて、到着したのは・・・・・・



まだまだ雪がありますね~







si





さて、こここは・・・・





si




世界遺産。