明石からどこまでday

兵庫県明石市から、神戸中心になってしまった、ラーメン、立飲み、グルメ、趣味・・・日常の出来事等、いろいろととりまぜて、その時の気持ちで、 楽しめたらいいかな?

立喰いうどん・そば 松屋  加納町店  きつねそば・・・  神戸三宮

飲んだ帰りにお邪魔してきました~


なんとなく、〆はラーメン気分ではありませんでした。


そんな時は、温かいそばを欲するのです。




ma





おしながきには、ざるそばの文字がありますが。


当然の如く、券売機にはありませんでした。


さすがに食べれないですよね。





ma






立喰いですが、イス完備、テーブル席もあり、落ち着けます。



ビール飲みながら、天ぷらを肴に食べている人もいますよ~






ma






きつねそば(280円税込)



この湯気がご馳走になるのです。



例え、立食いであっても・・・・(。-_-。)



いやいや、立食いならではの暖かさがあるのだ・・・・






ma






お揚げの大きさも充分であります。


小さく見えるかも知れませんが、丼が大きいのです。


個人的には、丼が大きいのは好きなんですよね~(゚∀゚)








ma





遠慮せずに七味を入れましょう。






ma





チープな麺。


チープな味わい。






ma




立食いそば・・・なんて、ほっこりさせてくれるのだ。


寒い夜の飲んだ帰り、一杯の立食いそばが染みるな~




ちなみに、横の女性の方は、ネギ多めで注文されておりました。

これは、驚きました。

オーダー通るんだな。







店名:立喰いうどん・そば 松屋 加納町店
住所:兵庫県神戸市中央区加納町4丁目4-12
営業時間:?~2:00
定休日:年末年始

スポンサーサイト

はなまるうどん イオンタウン東加古川店  兵庫県加古川市

以前は、穂の川製麺がありました。


穂の川製麺です。 ←ご参考まで。



そのまんま居抜きで、はなまるうどんが出店しました。

以前から、はままるうどんに変わったことを知っていたのですが、ようやくお邪魔してきました。



31





穂の川製麺時代は、本当に、店内に活気が無く、立地的にも集客が見込めるのに、

あまり客足が良いとは思いませんでしたので。

やはり、閉店になり、はなまるうどんに引き継がれましたね。




しかし、店内は、穂の川製麺時代と比べて活気がありました。





31





メチャ久しぶりの「はなまるうどん」です。



かけ中(温)230円です。





31




レンコンの天ぷら、おいなりさんで210円。





31





合計440円ですね。


かけ中(温)230円は、業界最安値か・・・・






31





汁を飲むと、薄い~


薄味も好きだけど、これは、薄味よりも出汁が白湯ぽいぞ・・・




31



麺はね、「あやがわうどん」の剛麺風を食べているので物足りない。


そして、店内の放送を聞くと、「毎日、店内で作る出汁」とPRです。


しかし、このような薄い出汁を店内で毎日、作っていたら、穂の川製麺と同じ歴史をたどるぞ。


この日は、たまたまだったのか、それとも、コストダウンで、割合を少なくしているのか・・・


セルフうどん店も、生き残りが厳しいですね。








店名:はなまるうどん イオンタウン東加古川店
住所:兵庫県加古川市平岡町高畑字菖蒲4-1
電話:078-949-2870
営業時間:11:00~21:00
定休日:年末年始はホームページ確認

立喰いうどん・そば 松屋  加納町店  コロッケそばかな・・・  神戸三宮

寒いです~

飲んで冷えた体には、やはり、暖かいらーめんと考えていたのですが。

そばもありかな~と考えていたら、入店しました。



ma





ざるそば、冷やおろしうどん・・・・寒いから食べたいと思わないけど。


年中提供しているのか、で、券売機で確認を行うと、やはり、見つけられなかったのか、多分なかったと思います。





ma





で、店内に入り、券売機で、かけそば200円(税込)、コロッケ100円(税込)をポチリと。


あれ、外のメニューには、コロッケそばありましたね。

またしても見つけられずなのか・・・

これだから、券売機は、個人的には合わないのだ。






ma




すぐに登場です。


これで、300円(税込)。


やはり、安いのではないでしょうか。





ma





寒いに日は、湯気がご馳走です。






ma






七味を多めにいれまして。






ma





うんうん、これぞ、立食いそば。

麺に、あまりにも過大な評価はしないでね。


このチープな感じが良いのですよ。




ma





コロッケが固くて、コロッケが汁に溶け出さない・・・


半分に割っても、固いぞ。


作り置きの時間が長かったみたいですね。


すっかりと冷えたコロッケでした。





ma




コロッケの甘みがそばに溶け出して、汁が美味くなるのかと思っておりましたが。


予想していたものとは全然ちがいました。



結局は、そばのおかずにコロッケを食べている感じになりました。



値段の割には、汁は好きなタイプです。


そして、丼が大きいのも高ポイントです。


これからの季節、〆に立食いそばが増えそうかな~


夜遅くまで営業しているのもありがたいです。









店名:立喰いうどん・そば 松屋 加納町店
住所:兵庫県神戸市中央区加納町4丁目4-12
営業時間:?~2:00
定休日:年末年始

讃岐の製麺所 あやがわうどん かけ並(温)290円税込。  加古郡播磨町 

兵庫県で2店舗だけの営業です。


本社は、兵庫県加古川市にあります、株式会社入船さんです。



ay




お店のポリシーを見る。





ay




我らは「讃岐の製麺所」


いえいえ、ここは、兵庫県加古郡播磨町。


本社は、加古川市・・・・




ay





かけ並(温)とおいなりさんをチョイスしました。





ay





おいなりさんを単品で撮影しても、なんとも面白味もない画像だ。






ay



そう、いりこ出汁を楽しもうと、天カスを入れるのを止めました。


油臭でイマイチだったので。


いりこの香りを純粋に楽しもうと思いまして。




ay





うんうん、いりこの香りが良いな~(^-^)/



なので、七味も必要最低限使用です。






ay





まあ、かけ(温)だから、麺にコシを求めすぎるのも問題ですけが、もちもちとしてGOODです。



麺的には、丸亀製麺より、あやがわうどんかなW(`0`)W


個人的な主観です。


それよりも、兵庫県で2店舗だから、なかなか比較するには、兵庫県民も難しいな・・・・





ay





なので、やはり、完汁(完まく)です。


あっさりしているから、飲めちゃいます・・・








ay



いりこ出汁で好きな味なんだけど。


お店で出汁をひいている拘りなんだけど。


もっといりこが強くても良いのかと。


確かに、いりこ出汁ですが、いりこの使用比率はどんなものだろうか・・・・


香りと味わいで、少しね。


もうちょいと言いたい気持ちなのだ~



それよりも、年明けうどんは、こちらに来るべきだったかな・・・


さすがに、なか卯より、こちらが望ましいのだ。


なぜならば、香川県の地名の店舗だからだ。










店名:讃岐の製麺所 あやがわうどん・播磨店
住所:〒675-0142 兵庫県加古郡播磨町南大中3-2-7
電話: 079-441-1447
営業時間:11:00~22:00(L.O. 21:30)
定休日: 年末年始は、要確認

なか卯(丼ぶりと京風うどんのなか卯)   年明けうどん。   明石市内

寒い朝~

年明けうどん・・・・


今年の年明けうどんは、なか卯なのか、

それも、朝食に・・・・

年始の飲みまくりでの二日酔いの朝に食べるにはいいかもしれない。



na




店内に入ると、誰もおらず・・・

私だけ・・・

確かに、三が日からなか卯に朝食は微妙・・・・





na




温かいお茶が出てくるのは、嬉しいのだが。


なぜか、カウンターのお茶は、氷入・・・・


よくわからん・・・・






na






はい、さっくりと・・・


はいからうどんの小(税込140円)






na






芸術的な、薄さの蒲鉾を一瞥して。






na





七味じゃなくて、とうがらしを入れましょう。


寒い朝だから、とうがらしは多めで。


寒くなくても多めかな\(//∇//)\





na






茹で置きの麺よりも、冷凍麺が美味いです~






na



立食いの店よりお得感がありますよ。


暖まります。


なんだか寂しい気持ち・・・・


まあ、これで、年明けうどんも食べたから縁起は担いでおきましょう (・Д・)ノ











社名:株式会社 ゼンショーホールディングス
ZENSHO HOLDINGS CO., LTD.
所在地
〒108-0075
東京都港区港南2-18-1 JR品川イーストビル(8階総合受付)
電話番号(代表)
03-6833-1600(平日9:00~18:00)