明石からどこまでday

兵庫県明石市から、神戸中心になってしまった、ラーメン、立飲み、グルメ、趣味・・・日常の出来事等、いろいろととりまぜて、その時の気持ちで、 楽しめたらいいかな?

天丼・天ぷら本舗 さん天 播磨町店     兵庫県加古郡

2017/11/05(日) 06:00:00 THEME:お弁当 (ジャンル : グルメ EDIT
開店してから気になっていたのですが、なぜか、行く気になれずに・・・・


時間が経過してしまいました。


で、ある日の朝刊に割引券付きのチラシが入っていたので、ようやく行く気になりました。












以前に、「天ぷらっと」ってお店があったの御存知ですか?




最初は、「天ぷらっと」が名称を変更して、復活したのかと思ったのですけど。


調べてみると、「和食さと」が展開していたのですね(・Д・)ノ。





15074345640.jpeg





今回は、テイクアウトでしたので、係りの方に直接注文です。


店内で食べる方は、券売機で購入なんですが、かなりの多くの方が、券売機での購入に苦労されていました。


これは、券売機の改善が必要かと・・・


だって、券売機の前で列が出来ているのだから・・・・






15074346200.jpeg





テイクアウトは、海老と鶏の天丼です(490円)。


持って帰るときに、車の中で、天ぷらの匂いが~溜まりませんでした。





15074347880.jpeg





天丼のタレは別添えです。





15074346650.jpeg



甘めの天丼のタレが食欲を増します。


美味いじゃないか~



ちなみに天丼は、390円から食べれますよ~


これは、牛丼業界も油断できませんね。


和食の里も、広く手がけているな~









店名:さん天 天丼・天ぷら本舗 播磨町店
住所:〒675-0162
加古郡播磨町二子字外堀628-1
電話:078-962-5111
営業時間:10:30〜0:00
定休日:無休

スポンサーサイト

みのり家  天晴水産2階    姫路市白浜町

2017/07/31(月) 06:00:00 THEME:鮮魚 (ジャンル : グルメ EDIT
ど~ん!




mi





コブダイです。


天晴水産の水槽で泳いでおりました。





mi





目的は、天晴水産の2階にあります。


みのり家さん。






mi





満員御礼、待ち客もあり、



なので、メニューを確認しながら待ちましょう。






mi




本当は、生しらすが食べたかったのですが・・・・


時期を逸したようですね・・・・・


今年は、生しらすには、縁がなかったな・・・





mi






セルフサービスのお店なので、店内に入る前に注文を決めないといけません。



しかし、カウンターに並んである、小鉢は、お好きなように取りましょう。







mi






訪問した時間が悪かったのか、お客さんが多かったのか、小鉢、刺身が少ない・・・・



なので、少ない選択肢から選びました。







mi






鯛の子です。



ビアが飲みたくなるな~(^-^)/






mi





これは、坊勢サバの胡麻・・・・・何だったかな・・・



美味かったですよ。





mi





しらす丼中をお願いしました。


天晴工場直送のしらすです。


イカナゴの釘煮付です。


しらすを食べながら、イカナゴも食べる(^^)






mi






お店の方から、「しらす自体に塩味がついているので、味見をしながら醤油をかけて下さい」と。


加減を見ながら醤油を垂らしますが、そのまま食べるより、醤油は必要でした。






mi





卵黄を追加したのですが、不要でも問題ありません。


卵黄不要の方が良かったかも。







mi



しらすがほくほくして美味いな~


しらすを購入するなら、我家では、天晴水産ですので、美味さ保証済み(。>ω<。)ノ


出来れば、モンスター入りのしらすで食べたかった~


刺身、小鉢類も気になるな~


今度は、開店前から並ぼうかな・・・・







店名:みのり家
住所:兵庫県姫路市白浜町甲912-18天晴水産2階
電話:079-247-0077
営業時間:11:00~16:00
定休日:水曜日

松屋  牛めし   なんと初めて松屋で牛めしを食べました。

2016/11/18(金) 06:30:00 THEME: (ジャンル : グルメ EDIT
なんと松屋に初訪問なのである。

意外と思われるかも知れませんが。

本当に初訪問です。

なので、システムが少し分からないこともありました。


ma




いきなりの券売機で悩む・・・・


しかし、悩んでいると後ろに人影が、これは、早く購入せねば・・・


そして、チケットを店員さんに渡して、しばらく待つ。





ma




玉子とお新香のセットを追加しました。


本当は、玉子と味噌汁のセットを追加したかったのですが。


で、着丼すると、味噌汁がついている~


松屋では、牛めしを注文すると、味噌汁が付いてくるのですね。




ma








ma




知っていれば、玉子だけ注文したのに・・・・





ma



このお新香が参りました・・・・




ma




七味を振りかけて食べるのですが。


キャベツが主体のお新香で、それも、キャベツの芯ばかりで、固いだけで、美味くない。


野菜高騰で、キャベツ一玉300円だから、使える部分は全部使い切る方針か?





ma





なぜに、牛めしなんだろうか、牛丼と何が違うのか、多分同じでしょうね。


まあ、呼び方は、それぞれの企業が考える事なんで、その企業のポリシーでしょうか。


牛めしの呼び方の方が新鮮味があって良いかもしれませんが。





ma





真ん中に、玉子スポットを作成して、玉子をいれます~





ma





そして、七味でお化粧して。





ma





紅生姜を投入すれば、一気に食べるだけです。





ma


初、松屋、牛めし、食べました~。

どこで食べても玉子は必須です。

お味噌汁がセットになっているのは、ありがたいですね。

CPで考えれば、松屋がお得でしょうか。

これでなんとか、3大牛丼屋制覇しました~

でも、主観的に、味では吉野屋か・・・・

牛丼食べ比べも面白いかも(^^)。








商号:株式会社 松屋フーズ
本社:〒180-0006 東京都武蔵野市中町1-14-5
EL:0422-38-1121(代)
お客様相談室
TEL:0120-677-139
※受付時間 9:00~17:00(土・日・祝日・年末年始を除く)


吉野家  牛丼並 玉子は必須アイテムです~。

2016/08/20(土) 06:30:00 THEME: (ジャンル : グルメ EDIT
吉野屋で牛丼を食べるのは、2015年9月振りですね~


あのときは、朝食でお邪魔して、間違って、牛丼並を注文してしまいました。


今回は、当然、ランチタイムですよ。



44





The乾杯♪





44



もう注文すべき物は決まっているのですが、メニューの確認はしておきます。


しかし、並で380円なんですよね。


250円で食べていた時代が懐かしい~




44



牛丼並と玉子です。


玉子は必須です。


玉子を入れない牛丼なんて食べた事ないぐらい、必ず玉子は注文します。


しかし、夏場は、持ち帰りにすると玉子は販売してくれませんので、やはり、店舗でしか食べないのだ。



20代頃は、牛丼食べるときは、必ず、玉子、お新香、味噌汁は必須でしたが。

今は、玉子だけで充分であります。

つゆだくも頼まないな・・・



44





まず牛丼の真ん中にくぼみをつくります。






44




そして、玉子を溶いて。




44




くぼみに流し込みます。




44




そして、七味をお好きなだけ。




44



で、紅生姜をお好きなだけ。


もう少し、赤い紅生姜だったと思ったのですが、なんだか色が薄くなった気がします。




44



さらに、七味をお好みで追加して。


一気に頂きましょう。


人それぞれ、お好みはありますが、やはり、吉野屋の牛丼がチェーン店の中では一番美味いかと。


それよりも、歴史が長いので食べ慣れていると申しましょうか。


久しぶりの吉野屋で牛丼を頂きました。


朝食でお邪魔することは多々ありますので・・・(^^)

ご馳走様でした~。






社名:株式会社吉野家ホールディングス
設立:1958年12月27日
本社所在地:〒115-0044
東京都北区赤羽南1-20-1
電話番号:03-4332-9700(代表)

すき家   牛丼並、たまごは必須なんです。      兵庫県明石市魚住町

2016/06/10(金) 06:30:00 THEME:肉料理 (ジャンル : グルメ EDIT
これは、間違っても朝食ではありません(^^)。


ランチタイムにお邪魔してきました。


昼から用時があって、その場所に向かう途中で昼食を食べようと考えたいたら、BESTタイミングですき屋がありました。


その場所への行程を考えるとなんて好立地なんだろかと。




3




The乾杯♪




3





セット料金にするとお安くなるようですが・・・・



牛丼にとん汁のコンビネーションはどうなんだ・・・





3





まあ、普通に、みそ汁とたまごのコンビに決めた。





3



出てくるまで紅生姜の確認等しております。

色が吉野屋と比較して薄いですな。





個人的には、赤が映える紅生姜が好きですが(*^_^*)



3



はい、お待たせしました~


やはり、牛丼には、たまごは必須ですな~o(^▽^)o




これに、みそ汁とお新香があれば、フルコースの完成や~(彦摩呂風に・・・)




3



さあ、食べる準備をしましょう。


まずは、牛丼の中央にくぼみを作ります。




3






そして、そのくぼみに、溶いた「たまご」を流し込み。






3






七味をお好みで入れましょう。






3





そして、紅生姜をお好みでトッピングしたら完成です。






3




そして一気にたべるべし(≧∀≦)。


牛丼食べるには、たまごは必須のアイテムで有り。

たまごがあるから、七味、紅生姜が生きてくるんだな~



そして、すき家のメニューを見ていたら、品数かなり多いですね。

この品数で、以前は、夜は、ワンオペだったのが凄い。

そりゃあ、バイトも辞めたくなりますね。

これじゃあ、ブラック企業と思われても仕方がないと実感しました。



ご馳走様でした~。

従業員泣かせは今後も止めて下さいな。








株式会社 ゼンショーホールディングス
所在地:〒108-0075
東京都港区港南2-18-1 JR品川イーストビル(8階総合受付)
電話番号(代表):03-6833-1600(平日9:00〜18:00)