FC2ブログ

明石からどこまでday

兵庫県明石市から、神戸中心になってしまった、ラーメン、立飲み、グルメ、趣味・・・日常の出来事等、いろいろととりまぜて、その時の気持ちで、 楽しめたらいいかな?

神戸ルミナリエ・・・・2018年

2018年12月7日の読売新聞夕刊に・・・・


このような記事がありました。





1207




黒田裕子さん、貴女の教え子が、貴女の意志を引き継ぎ、被災者に寄り添っていますよ。



そして、12月7日・・・・


神戸ルミナリエ開催ですね。


そして、あの日が、1月17日が巡り来るのですね。


私も、貴女と出会えたことが名誉だと思っております。


貴女の大きく深い優しさは、多くの被災者を励ましてくれました。


そして、私も貴女の思い出のピースになれたことを誇りに思っています。


天国から、神戸をいつまでも見守ってください。





1207




貴女からいただいた、名刺・・・・


今でも持っていますよ。





1207





兵庫南部大震災(阪神・淡路大震災)が無ければ、貴女と出会うことも無かった・・・


そして、私が貴女と出会う仕事もしていなかった・・・・





15441872520.jpeg



2018年 神戸ルミナリエ←押してください。





『神戸ルミナリエ』は、阪神・淡路大震災犠牲者の鎮魂の意を込めるとともに、都市の復興・再生への夢と希望を託し、大震災の起こった1995年の12月に初めて開催しました。
以来、神戸ルミナリエは震災の記憶を語り継ぎ、都市と市民の「希望」を象徴する行事として、毎年開催しています。
今年、2018年で24回目を迎える『神戸ルミナリエ』。
神戸の冬を彩る荘厳な光の芸術作品をぜひご覧ください。(引用しております)


開催期間 : 2018(平成30)年12月7日(金) ~ 12月16日(日) 10日間
開催場所 : 旧外国人居留地および東遊園地
点灯時間 : 月~木曜日 18:00頃 ~ 21:30
金曜日 18:00頃 ~ 22:00
土曜日 17:00頃 ~ 22:00
日曜日 17:00頃 ~ 21:30


今後の開催継続の為にも皆様募金をお願いいたします。







スポンサーサイト

7月6日は、帰宅困難者になりました・・・

浸水や土砂災害の被害に遭われた皆様には心からお見舞い申し上げます。



帰宅困難者なんて、被害とは言えないぐらいです。





え、JR、神戸~姫路間運転見合わせ・・・・


山陽、須磨~霞ヶ丘運転見合わせ・・・・


ええ、これ、帰れません・・・・


ああ、一つ方法がある、地下鉄で、伊川谷か西神に行き、バスで明石に行く・・・


しかし、道路情報がわからない・・・不確定な情報あるが、どれを信用すべきか・・・


それよりも、神戸市西区の伊川谷、西神で中途半端な時間にタイムアウトになったら、これは、笑えない。


そして、決断する。


もうこれは、三宮宿泊しかない。


が、ホテルを検索する・・・・あれ、カプセルホテルも満員じゃないか・・・・


そう、皆さん、考えていることは同じか・・・・


そして、そして探しまくり見つけた・・・・






76




この部屋が今夜の私の寝床・・・・


バックパッカー御用達の宿、カプセルホテルよりも設備面がね・・・


入浴施設は、シャワーのみ・・・・


一泊3000円だから・・・





76





朝、起きてから撮影です。

ねえ、2段ベット、カーテン・・・・

宿泊客は、外国人観光客7割・・・






15310389430.jpeg





本当に、寝るだけですね(。>ω<。)ノ






15310389800.jpeg




談話室・・・・





15310389270.jpeg





長期滞在可能、ランドリー完備・・・





15310390070.jpeg





そして、目覚めて、鉄道の運行情報を入手。


動いているこれは帰れますよ~(*^_^*)


三宮駅に向かう、でも、雨強いよね・・・・





76




JRで明石までやってきて、山陽に乗り換え・・・


しかし、雨が強いのだ、これ、ヤバイヨね~


また、運転見合わせしないでね。





76





須磨~霞ヶ丘間が土砂流入で運転見合わせなので、直通特急は、明石折り返し運転。






76





掲示板には、全然直通していない、姫路行き直通特急の文字が寂しく・・・






76





折り返しの直通特急がまもなく到着・・・


これで、帰れる・・・






76




無事に自宅に帰れました。


もう疲れまくりでバテバテです。


駅から家までの間に、もう既にびしょ濡れ・・・・


速攻で、シャワーを浴びてから、ビールを飲む・・・・


なんて、ビールが甘露なんだ。



今回の大雨特別警報で、各地に大きな被害をもたらしました。


自然の力は恐怖です。








ラ・スイート神戸オーシャンズガーデン   可愛い部下の結婚式です。

5月3日(木曜日)


はい、職場の部下の結婚式に出席してきました。




以前に、小祝いをした「ワカコさん」のことです。←ポチリと押してね!




前日は、雨でしたので、どうなるかと思っておりましたが、雨も降らずに天気にも恵まれました。




で、結婚式場は・・・・



ラ・イースト神戸オーシャンズガーデン・・・・・






15254001910.jpeg





まさに神戸港に囲まれた立地ですね。






0503




ロケーションも最高~。





0503





素晴らしい日に出席できて、とても嬉しいです。





0503





余談ですが、私も、海が見える結婚式場で式を行いました。


もう古い話ですが・・・・






0503







0503





式も終了して、披露宴会場に移動してきました。






0503






おお、久しぶりに見るようなセッティングです(。>ω<。)ノ







0503





本日のメニューです。






0503





乾杯用の泡・・・金粉入りなのだw( ̄o ̄)w





0503





料理に関しては、メニューを参考にしてください。





0503





おお、ハートランド。


さすが、違うな~






0503







0503








0503





白ワインの飲んでます。





0503








0503








0503




梅酒のグラニテ。


梅酒のカキ氷と申しましょうか・・・(=∀=)





0503







0503






0503








0503







0503







0503






料理もデザートもとても素晴らしくて、大満足です。






0503







15254001180.jpeg








15254002830.jpeg






0503






ご結婚おめでとうございます。



末永くお幸せに♡



お二人の新しい門出に、皆様、ご一緒に・・・・



G G B ~








店名:ラ・スイート神戸オーシャンズガーデン
電話:078-381-7777
完全予約制
住所:兵庫県神戸市中央区新港町1-2
ラ・スイート神戸オーシャンズガーデン
営業時間:不定
定休日:無休

鉄人28号  JR新長田駅下車   神戸市長田区

訪問いただきありがとうございます。


まさかの旅行記を期待されていたなら申し訳ありません(・Д・)ノ


はい、画像の処理や整理に手間取っております。


なので、お時間下さい~


でも、訪問していただいたのに、何も無しでは帰したくない・・・・


なので・・・・






ど~ん!






28






JR新長田駅南側、若松公園内に設置されている、直立時の設定が18mにも及ぶ「鉄人28号」の巨大モニュメント。






28






28








28




夜の街にガオー


我等の鉄人28号











鉄人28号を見学して、素敵な立ち飲み屋で一杯なんてどうですか~




GWは、神戸観光にどうですか~









所在地:神戸市長田区若松町6-3 若松公園内
URL:http://www.kobe-tetsujin.com/
アクセス:JR・市営地下鉄海岸線 新長田駅から西へ徒歩約5分
(夜間ライトアップ:日没~21時半)



2018年1月17日・・・・・・

1995年(平成7年)1月17日5時46分52秒・・・・

そう、あれから23年・・・・



「阪神淡路大震災1.17のつどい」について

日時=平成30年1月17日(水曜)5時~21時
場所=中央区東遊園地(神戸市役所南側)

朝5時
・ 竹とうろう点灯
・ 記帳・献花受付開始(~21時)

5時46分
・ 黙とう

神戸市のホームページから引用しております。








で、なんで、ラーメン画像なのか・・・


それも、「もっこす」。


それは・・・・・・





m




震災後に初めて食べたラーメンが「もっこす」であったのです。


それも、被災者応援で100円値下げして提供してくれました。


あの時に食べた一杯は、本当に体中に染み込みました。


なので、震災と「もっこす」は、私の中では、切れない思い出でもあります。