明石からどこまでday

兵庫県明石市から、神戸中心になってしまった、ラーメン、立飲み、グルメ、趣味・・・日常の出来事等、いろいろととりまぜて、その時の気持ちで、 楽しめたらいいかな?

北陸・飛騨3つ星街道リゾート旅行 その3

画像の処理に手間取っております。


デジカメ二台使用したもので( ̄∇ ̄*)ゞ


では、では、


兼六園から東茶屋街に移動してきました。


去年も来ているのですが、妻とJr1号の希望ですので。


金箔コスメ・・・・・




oo






東山ひがし(ひがしやまひがし)は、石川県金沢市の地区名。重要伝統的建造物群保存地区であり、ひがし茶屋街(ひがしちゃやがい)の名称で知られる。 南北約130m、東西約180m、約1.8haで、保存地区内の建築物140のうち約3分の2が伝統的建造物であり、茶屋町創設時から明治初期に建築された茶屋様式の町家が多く残る。金沢の主な観光地の一つになっている(引用しております)。







oo





外国からの観光客も多いです。


それと、レンタルで着物を着た、観光客の方も多くいましたね。






oo





景観を守るために、電線がありません。


しかし、一歩エリア外に行くと、電線だらけで驚きました。


ギャップ差が激しい(。>(ェ)<。)エエェェェ






oo








oo








oo









oo







oo








oo








oo








oo








oo




こちらに来たなら、蔵は見学しないと。





oo




金箔蔵





oo




蔵の中を見ると、思わず声が出てしまうぐらいです。





oo






oo






oo







菅原神社にやってきました。


境内の中には、陽石という、男の方の石が祭られていまして、その石に触ると女の人は幸せになれるとも言われております。


しかし、お祭りの時にしか、境内の中に入る事ができないそうです。




oo







警備員の方が、女性二人連れの観光客の方に、女性が幸せになれるから、参拝するように説明されておりました。







oo




お腹が空きました。


ランチタイムですね。


近江町市場では、食べれませんでしたので。


せっかくなので、金沢らしい物を食べたいですね。


金沢、石川B級グルメを目指して移動します。




近畿地方食べ歩き ブログランキングへ

スポンサーサイト