明石からどこまでday

兵庫県明石市から、神戸中心になってしまった、ラーメン、立飲み、グルメ、趣味・・・日常の出来事等、いろいろととりまぜて、その時の気持ちで、 楽しめたらいいかな?

熱烈中華食堂 日高屋  東京で大激怒しました、こちらには、もう二度と行くことはない。  

はっきり言いまして、今回は、毒舌です。



ランチタイム~


せっかくの東京です。


何を食べようかと考えていたら・・・


関西にはないチェーンです。


関東だけですので、興味本位と、もし関西に出店したらの参考にお邪魔しました。


しかし、所詮チェーン店なのだから、興味本位で行かなくても良いような、はい、その通りです。




行くべきではなかった(#^ω^)ビキビキ





tt





お邪魔したのは、ランチタイム。

決して満席ではありません。

空席もありました。





tt



しかし、店内は、従業員2人。


厨房と客席。


客席係は、大陸系、たどたどしい日本語・・・





tt



取りあえず、カウンターに案内されてから、少々お待ち下さいの言葉も無く。

他のお客さんへの注文をとるのに必死です。

日本語が下手だから、通じていない・・・・

私は放置状態。

厨房の店長らしき人物は、調理のみ・・・

私に一言もない、

そして、ここでようやく客席係に女性登場・・・

この女性も大陸系・・・・


店長と女性の会話を聞いていると、注文をきちんと聞いているのか、問題無いのか、みたいな内容。

女性が、「問題無い問題無い大丈夫」と答えている。

いや、さっきまで、貴女、ホールにいませんでしたよね・・・・




もうこの時点で、店から出ておくべきと後悔していた。


そして、男性従業員が、やっと、オーダーを聞きに来た。



tt




中華そばと半チャーのセットをお願いしまいた。


それも、メニューを指さしで・・・・


で、確認するのだけど、何を言っているのか言葉が分からない・・・・


自分は理解していても、聞いている客は、何をいってるのかわからない・・・



それに、オペレーションが悪いので、食べ終えた食器が、片付けられずそのまま放置・・・・




tt




半チャーハン・・・


油が悪いのか、食後、かなりの胃の不調。


おかげで、帰りの新幹線の中でも、トイレは友達だった。






tt



ビジュアル的には、昔ながらの中華そば。


魚介の香り、隠し味、食べていて、これ、なに・・・


柚子的な味がした・・・・かなりの疑問・・・・まさか、冷し中華のタレが混入か・・・


胃不調の原因は、中華そばの可能性も否定出来ず・・・




tt



チェーン店特有の麺。


この麺嫌いなんですけど。


ゆで加減を間違えると、ズブズブのズクズクになりますから。


はい、期待を裏切らない、最悪のゆで加減・・・


途中で食べるのを止めました。




tt




そして、精算・・・・


レジの前に立って待っているが、お客さんの注文を聞いているようで、放置状態。


いつまで続く放置状態・・・・


そして、女性従業員が、餃子を焼く手を止めて、登場。


お支払い・・・・が、ここまで待たして、それで終わりなのか、もっと言い方ありませんか・・・


そして、店長らしき男性からは、一切の言葉はない。



二度と行くか、自宅の近所に出店してきても絶対に行かない。


それよりも、日高屋・・・


日高屋のホームページからです。

1.いつも美味しい料理を素早く提供すること

2.いつも良い接客サービスをすること

3.いつも店をきれいにしていること



全部嘘です。

不愉快です。

食べたお店は、今回は、名指ししませんが、


ふざけるな~








社名株式会社:ハイデイ日高
本社所在地:埼玉県さいたま市 大宮区大門町 3-105 やすなビル6F
工場所在地:埼玉県行田市野3341-26(行田みなみ産業団地)
設立年月日:昭和53年3月22日

スポンサーサイト