明石からどこまでday

兵庫県明石市から、神戸中心になってしまった、ラーメン、立飲み、グルメ、趣味・・・日常の出来事等、いろいろととりまぜて、その時の気持ちで、 楽しめたらいいかな?

すじこんを肴に、〆は、うまかっちゃんだな。

自宅で飲むときの主流は、のどごし生が多いです。



自宅で発泡酒を飲むこともめっきりと少なくなりましたね。(ほとんど無いが正しいのかも・・・)



しかし、家でもビールを飲むことはあるのだ。


それは、もらい物、年末年始・・・・



でも、やっぱり、第三系が私の味方です。






こ




そして、肴は・・・・



近所のスーパーで購入してきた、「すじこん」です。



「すじこん」ってご存じですか?




これです。











こ





「すじこん」をご説明すれば・・・・以下をご参照下さいませ。









すじこんとは、牛スジ肉とコンニャクを甘辛く煮込んだもの。
神戸市の長田区周辺ではぼっかけと称している。


安価なすじ肉とこんにゃくを利用した庶民的な惣菜として明治時代から食べられてきた。
牛すじとこんにゃくを煮込んだ料理にはどて焼きもあるが、味噌煮であるどて焼きに対し、すじこんは醤油を味付けの主体としている。
濃い目の味付けで煮込むため、佃煮ほどではないが数日程度は日持ちする(引用しています)。



お好み焼きに入れたり、うどん、蕎麦にトッピングしたり、ラーメンに入れて食べても美味いですよ~


しかし、私は、ラーメンに入れるのは好きではない。


B級グルメになるのかな~




学生時代に、京都で、すじ焼を注文したら、お店の人に、「はあ」と言われました。






七味を振りかけ・・・




こ





ねえ、プルプルでしょう。



これで明日は、お肌がスベスベだ(゚∀。)アヒャ






こ




濃いめの味なので、お酒が進みます。





そして、〆ましょう。


やはり、大好きな「うまかっちゃん」だな。


近所のスーパーで、五袋298円(税別)で販売されていたから、即買いです。




こ




具材は、ネギと玉子です。





こ



玉子を半熟にしようかと思っていたのですが、火が通り過ぎた。

火力が少し強めだったか・・・

するとね。




こ





麺も柔気味に茹で上がってしまったのだ・・・・






こ



これは、麺カタメ、玉子半熟で再度作らなければ・・・


その時には、もやしも入れておきたいな~


ある日の夕食でした~


上等、上等。





スポンサーサイト
9358:

うちは京都の裾に住んでましたけど
25年くらい前ならすじ焼き&すじねぎはありましたけど?

土地柄、江戸の初期以前の創業じゃないと「老舗」

って認めてもらえないサヨリのような人種にいじめられはったんとちがいますか(笑)

2016.09.28 07:35 むらさん #- URL[EDIT]
9359:むらさんへ

そうなんですかね・・・

でも、京都に居たときに、伺う店には、本当に「すじ」には出会えなかった。

京都の友人も「すじ焼?」でしたが・・・

場所的な問題・・・・



2016.09.28 08:17 ひびき #- URL[EDIT]
9360:

こんにちは。

わたしがよく行く立ち飲み屋にはすじコンおいてますね。

もっと汁気が多いですが。
冬場はよく、それを頼みますよ。

ウチ飲みのばあいはわたしは、本ビールと、第3を半々くらいの本数買いますね。

最低、一日に一本は本ビール呑みたいので。

2016.09.28 12:22 たれかは #- URL[EDIT]
9361:たれかはさんへ

こんにちは~

本ビールは、外のみですね。
自宅では、本当に、一年で10本ぐらいでしょうか・・・

ある立飲み屋では、すじこんをどて焼きとして提供していますよ~


2016.09.28 13:01 ひびき #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する